たなべ歯科クリニック

5つの約束 特徴 院内風景 診療案内 スタッフ紹介 患者さんの声
 

顎関節症治療

顎関節治療について

顎関節症の症状は、主に「顎が痛い」、「口が開かない」、「顎がなる」です。この中でも、軽症の方と重症の方がいます。治療法としては、少し歯を削って噛み合わせのバランスをとる、スプリント療法で、顎の関節や周囲の筋肉に負担をかけないようにするなどがあります。このほか、再発防止のための生活改善療法があります。症状によって、対応が異なりますので、まずは、検査してもらいましょう。

スプリント療法とは?

顎関節症の全般的症状改善に有効な方法で、上顎か下顎のどちらかにスプリントと呼ばれる装置を入れるものです。スプリントというのは、顎関節症治療用マウスピースです。透明なプラスチックのかぶせもので上か下の歯全体を覆い、噛み合わせを変えることによって、噛みこんだ時に関節にかかる強い力を軽減することができ、関節や周囲の筋肉を安静な状態にすることが出来ます。病状の初期の場合にはかなりの確率で改善できますが、重症の方などには、効果がない場合もあります。

Q&A

スプリントは24時間つけていないとだめですか?

装着するのは、基本的には夜寝るときだけです。日中の使用や長時間の使用は、個々の症状にあわせて指示させていただいています。

 

完治するまでどのくらいの期間がかかりますか?

先にも述べましたが、顎関節症の方、全員が完治するとは限りません。なので、だいたい2ヶ月ほど続けてもあまり効果が見られない場合には、継続するかどうか顎関節症の程度によって判断します。

 

スプリントの費用はどれくらいかかりますか?

使用するスプリントによって、金額は変わりますが、簡単なもので600円程度になると思います。