たなべ歯科クリニック

5つの約束 特徴 院内風景 診療案内 スタッフ紹介 患者さんの声
 

予防歯科

いつまでも健康な歯でいるための予防

「歯が痛くなったら歯医者へ行く」、「歯は悪くなったら治療すればいい」と思っていませんか?いくら早期に治療してもいったん悪くなってしまった歯は寿命が短くなってしまうのです。

あなたが、なぜ虫歯や歯周病にかかってしまうのか、その原因を把握できれば、あなたに合った治療、予防を行なうことができます。虫歯や歯周病のリスクを知って歯科医院で行なうプロフェッショナルケアとご自宅で行なうセルフケアを両立し、お口の中をいつまでも健康に保ちましょう。

歯科医院で行なうプロフェッショナルケア

自身の歯をできるだけ長く使うためには、「予防」は非常に大切なことです。そこで当院の歯科予防プログラムの一部を紹介します。

フッ素塗布

乳歯や生え替わったばかりの永久歯にフッ素を塗布することで、歯質を強化することができます。

シーラント

子供の歯の虫歯予防に特に効果的とされています。
⇒詳しくは「小児歯科のページ」へ

PMTC

歯のクリーニング専用に開発された器具を使用して、「細菌バイオフィルム(悪玉のすみか)」を取り除き、お掃除をした後のきれいな口腔内の環境をより長く保つことができます。
⇒詳しくは「PMTCのページ」へ

定期健診

冒頭に述べたように、歯は治療するたびにダメージを受けて弱くなっていきます。そうならないよう、治療後も定期的なメンテナンスを行なうことをお勧めします。3〜6ヶ月に一度は定期検診を受け、健康な歯を維持するよう心がけましょう。

自宅で行なうセルフケア

歯にこびりついた細菌バイオフィルムは、歯磨き等では完全に除去することはできません。いかに細菌バイオフィルムができるのを防ぐか、が自宅で行なうセルフケアでは重要になってきます。

よく噛んで食事を取る

唾液には、歯の再石灰化を促進する効果があります。なので、食事の際よく噛んで食事を取るよう心がけてください。

食事の後は、歯磨きをする

当たり前のことですが、食事の後は歯磨きをする習慣を身につけて下さい。歯磨き粉は、フッ素入りがいいでしょう。
また、歯磨きの正しい方法を身につけて下さい。当院では、患者様にブラッシング方法をご指導させていただいていますので、スタッフにお問い合わせください。

フロスを使う

歯の隙間に細菌は多く潜んでいます。
市販されているフロスを使って、歯の隙間も綺麗にしましょう。朝と寝る前の一日2回行なうのが望ましいです。