たなべ歯科クリニック

5つの約束 特徴 院内風景 診療案内 スタッフ紹介 患者さんの声
 

歯周病

歯周病とは?

若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。歯周病(歯槽膿漏)とは歯を失ってしまう恐ろしい病気です。歯を失うと食事もうまくできず、全身に悪影響を及ぼします。

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気が付いた時には手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。歯周病の初期の段階では歯を磨く時に血が出たり、歯茎がムズムズするといった症状しかありませんので、もし少しでも歯茎などに違和感を感じる事があれば、早めの検査をお勧めします。
治療法としては、以下の治療法があります。

スケーリング

歯周病の原因には様々なものがあるのですが、その大きな原因の1つがプラーク(歯垢)です。
歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことはプラークをしっかりと取ることなのですが、歯の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。
歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。

 
歯周外科処置

フラップ手術とも呼ばれています。
進行した歯周病では、歯周ポケットが深く、奥のほうにプラークや歯石が付着しています。このような場合、通常の器具ではそれらを取り除くことができません。
そこで歯肉を切開し、奥に付着しているプラークや歯石、また炎症をおこしている組織を取り除いたあと、歯肉を元の位置に戻して縫い合わせる方法です。

Q&A

歯周病の予防方法はありますか?

歯周病を予防するためには毎日の歯磨きが最も重要なのですが、それだけでは十分ではないこともあります。歯石はいくら頑張って歯磨きをしても自分で取る事は出来ませんし、部分的に歯磨きが上手に出来ていなかったりすることで、自分では見つけられない場所に虫歯が出来てしまうこともあります。そのため歯周病を予防するためには、歯科での定期的なメンテナンスが一番の方法だと思います。