たなべ歯科クリニック

5つの約束 特徴 院内風景 診療案内 スタッフ紹介 患者さんの声
 

一般歯科

虫歯の原因

虫歯は、細菌・砂糖・虫歯にかかりやすい歯の質の3つが重なったとき、発生します。これら1つでも欠けると虫歯は発生しないのです。
この中で、食事と歯の質は、改善するにしても限界があります。誰でも出来る虫歯予防、それが日頃の歯磨きになるのです。

正しい歯磨きの仕方

  • 1本1本、確実に磨いていく。

  • 歯ブラシの毛先部分を歯、または歯と歯肉の境目に直角に軽くあてて、力をあまり入れすぎないよう小刻みに、軽く振動させるように磨きます。

  • 歯ブラシを横だけに動かす人が多いですが、横だけでなく上下にも歯ブラシを動かすことを心掛けて磨きましょう。

当医院では、スタッフが直接、患者様にブラッシング指導を行なっています。各々の歯並びにあったブラッシング方法をご指導いたしますので、ブラッシング方法でお悩みの方がおられましたら、お気軽にご相談ください。

虫歯の進行状況を表す記号

C0
自覚症状は全くない状態です。
治療はできるだけせずにフッ素を塗り再石灰化することを試みます。

C1
歯の表面に小さな穴があいた状態を指します。痛みなどの自覚症状はありません。この段階で発見できれば痛みを感じることなく治療ができます。

C2
穴が象牙質という部分まで進行した状態を指します。冷たいものや熱いものがしみる場合、このC2という状態まで虫歯が進んでいる可能性が高いと言えます。
できるだけ早く歯科で治療をする必要があります。

C3
神経まで虫歯が進行した状態を指します。歯髄炎をおこしているため、激しい痛みを感じる場合、このC3という状態まで虫歯が進んでいる可能性が高いと言えます。歯科での、本格的な治療が必要となります。

C4
虫歯が歯根まで進行した状態で、すぐに治療しなくてはならない状態を指します。最悪の場合、歯を抜かなければならないこともあります。